自動車 車検 シール


【警告!】車検ステッカーの貼り方を解説【貼り忘れ注意!】

ポタポタ垂れているようならシール類の交換が必要。

また現代は昭和の高度成長期の様にまだ個人の自動車所 有が少ない時代ではありません。

車検証を持って役所でナンバープレート発行 ちなみに、自動車税を払うとナンバープレートに貼るシールをくれる。

このシールが納税の証明なので、貼ってなかったり、期限切れだと捕まる。

次の自動車の車検についても、ユーザー車検で通してみようかと考えています。

正式には「検査標章」といい、車検シール(ステッカー)とも言います。

自動車のフロントガラスの見える位置に貼ることが定められています。

自分が乗っている車の車検の間隔・サイクルはどのように確認すればいいか 車検の期限(有効期間満了日)は、車検証(自動車検査証)で確認できます。

道路運送車両法第66条に、検査標章(車検ステッカー)を表示しなければ自動車を運行してはならない 最悪は50万円以下の罰金刑になる恐れがあります。

日本では、車検(自動車検査登録制度)に合格しないと公道を走行することはできません。

書入れ 自動車税 車 中は車検証入れ、自賠責保険証入れ、 トーマス 自動車 待ち合わせ 室内で使用していました。

車検ステッカーの見方 車検ステッカーは、普通自動車と軽自動車で色が違い、 貼り方 青色シール(軽の場合は黄色シール)の右半分を台紙から剥がし、透明シールの上に貼り付ける。

ナンバープレートをカバーで覆ったり、シールを貼るなどの行為が禁止となりました。