乗用車 トラック


軽乗用車の高齢夫婦が死亡・・トラックと正面衝突事故 岐阜・飛騨市

写真拡大 20日午前、首都高速道路で乗用車がトラックに追突し、炎上する事故があった。

写真拡大 12日未明、山形県西川町の国道で、乗用車と大型トラックが正面衝突し、4人が死傷した。

12日午前4時半ごろ、山形県西川町の国道112号で、乗用車と大型トラックが正面衝突した。

5日午後1時50分ごろ、茨城県の交差点で大型トラックと乗用車が衝突した。

乗用車に乗っていた32歳の母親が死亡し、3歳女児の双子と2歳男児が大けがをした。

10日午後3時35分ごろ、富岡市妙義町菅原の県道で、下仁田町西野牧の無職、園部錠吉さん(78)の乗用車が対向の高山村の男性運転手(45)の大型トラックと衝突した。

9日午前1時半頃、茨城県常陸太田市大森町の常磐自動車道下り線で、乗用車が逆走し、トラックと衝突した。

結局のところ乗用車は乗用車、トラックはトラックで、それぞれ別物だ。

ところがアーバネティックは、ボディーを交換することでトラックにも乗用車にもなる。

小学生の男の子が道路上で乗用車にはねられたということです。

男の子はその後、反対車線を走っていたトラックにもはねられました。

男の子はその場で死亡が確認されたということです。

乗用車と小型トラック エネルギー効率の向上を目指して 環境問題への意識が高まり、排気ガス規制がますます強化される中、自動車産業は未曾有の変化に直面しています。

17日午前、旭川の国道で軽トラックと乗用車が衝突しました。

この事故で軽トラックを運転していた人が死亡、乗用車の男性が頭を打ち病院に運ばれました。

9日午前1時55分ごろ、埼玉県三郷市仁蔵の常磐道上り線で、乗用車にトラックが追突した。

23日朝早く、守山市の県道で普通乗用車と大型トラックが正面衝突する事故があり、普通乗用車に乗っていた1人が死亡・2人が重軽傷を負いました。

22日午前10時ごろ、佐賀県杵島郡白石町湯崎の交差点で、近くの男性(72)の軽トラックと乗用車が衝突した。

男性(72)は体を強く打ち、搬送された白石町内の病院で約17時間半後に死亡した。

フォードがなんと「北米からセダン撤退」の方針を発表。

たしかにアメリカでは「セダン不人気」が鮮明化しているものの、いくらなんでも「セダン撤退」というのは過激な判断であるようにも思えます。

長和町で昨夜、乗用車と大型トラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた女性が死亡しました。

きのう午後7時半過ぎ、長和町和田の国道142号で乗用車と10トントラックが正面衝突しました。

19日午前5時10分ごろ、名古屋市緑区大高町の国道23号の「折戸」交差点で、刈谷市方面に向かっていた4トントラックと、左側から交差点に進入してきた乗用車が出合い頭に衝突しました。

24日午後4時半ごろ、名神高速上り線の一宮ジャンクション付近で、乗用車2台と小型トラック2台のあわせて4台が絡む事故がありました。

自動車販売台数ではビッグスリーのピックアップトラックが乗用車を抜いて上位を占めている。

日本で生産している乗用車の生産台数は約830万台であるのに比べ、トラックは約130万台だ。

このなかには輸出分も含まれている。

トラックは乗用車に比べると、ぐっと生産台数は少ない。

愛知県蒲郡市のバイパスで走っていたトラックからタイヤがはずれ、対向車線の乗用車に衝突し、乗用車に乗っていた男性が軽傷を負いました。