ヤリス ヴィッツ 違い


谷口信輝のVitz GR イッキ乗り!! 筑波アタック!ヴィッツで1分10秒切り!

これによって、トヨタコンパクトカーカンパニーは、日本と欧州のモデルを中心に受け持つことになった。

ヴィッツは欧州では「ヤリス」という名で販売されている。

日本と同じ『ヴィッツ』だった。

新型ヤリスハッチバックは、マツダ・デミオに対して、フロントマスクを専用デザインとした。

2017年に18年ぶりに世界ラリー選手権に復活した欧米版ヴィッツであるヤリスWRCを彷彿(ほうふつ)させるモンスターマシン。

発表会場で関係者に確認したところ北米仕様ヤリスはあくまでもアメリカ専売モデルで今後も欧州、国内で販売されるヤリス/ヴィッツがマツダ製になることはないとのことだ。

4代目ヴィッツはヤリスに■ 日本の他のメーカーが相次いで世界ラリー選手権(WRC)から撤退、見合わせ。

コンパクトカーの日本代表選手といえば、やはり、トヨタ・ヴィッツでしょう。

ヨーロッパでも「ヤリス」の名前で人気を集めている、まさにグローバルコンパクトといえる一台です。

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンを搭載。

車名をヤリスに変えて広い地域で販売されています。

日本で販売されるヤリス/ヴィッツがマツダ製になることはないとのことだった。

しかしここへ来て、ラリーの活躍が目立ち始めたので、そろそろ「市民権」を得ただろう、とトヨタは判断、4代目ヴィッツはヤリスにほぼ内定した経緯がある、とのことでした。

ヴィッツ(ヤリス)はグローバル展開でトヨタを代表するコンパクトカー、アクアは日本特有の小さな上級車を期待する人たちに向けたコンパクトファミリーカーとして共存できるのである。

トヨタがヴィッツを「ヤリス」に変えるとすれば、その背景には、車作りの刷新を訴える目的もあるだろう。

アクセラ、ヴィッツとも次期型ではプラットフォームを含めて刷新するからだ。

日本名廃止に共通する3つの思惑と事情 マツダがアクセラを「マツダ 3」に、トヨタがヴィッツを「ヤリス」に変えるとすれば、その背景には、車作りの刷新を訴える目的もあるだろう。